ワークショップベースの開発

チームでの開発

チーム開発はワークショップを通して行うことが多いです。
ワークショップはデジタルではなく、実際に付箋を使います。
一般的な会議の方法よりもアイデアが出やすく、間にアナログ媒体をクッションとして挟むことで、アイデア自体をうまく評価できるところが好きで利用しています。

 

アプリケーションの企画

アプリケーションを企画段階から考える場合は、ペルソナ設計からはじめてワイヤーフレームに落とし込むアプローチを使います。

ペルソナ設計

カスタマージャーニーマップ(to-be)

上位下位分析

UI/UX/Designコンセプト定義

ファンクションリスト

ワイヤーフレーム

ターゲットとコンセプトが明確になり、ワイヤーフレームまで一貫してコンセプトに基づいたアプリケーション設計が可能です。

 

参考文献